模擬講義および講演関係

模擬講義および講演関係

2017年以降に行った企業や高校での模擬講義や講演です。

有機化学による「ものつくり」

炭素、水素、酸素、窒素などの元素の組み合わせによって、きわめて多岐にわたる有機化合物が合成されています。この講演では、有機化合物をつくる面白さや、有機化学反応を開発していく面白さについて紹介しました。 また、偉大な3人のノーベル化学賞受賞者の研究を、簡単に紹介しました。

講義場所: 国分寺高等学校 2017年6月21日

ポリフェノールの抗酸化能は、予測できるのか?

主に炭素、水素、酸素、窒素などの元素の組み合わせによって、きわめて多岐にわたる有機化合物が合成されているます。この合成方法や性質の違いを、どのように説明できるのかを講義します。また、それをもとにポリフェノール類の抗酸化能についても簡単に説明しました。

講義場所: 横須賀高校 2019年5月21日

紫外線吸収剤設計のための基礎知識

本講演では、特に有機化合物と光の相互作用によってもたらされる分子構造や動的過程に関する分子レベルの科学を解説する。光の中でも皮膚の老化はもとより皮膚癌を誘発する原因となることがわかってきている紫外線のUV-A領域に特に注目し、どのような化合物が紫外線吸収剤として用いられているかについて、基礎的なことから解説する。また、紫外線吸収剤に現れる有機化合物の光に対する特性を、1. 吸収波長、2. 吸光係数、3. 吸収後の反応、の3つに分けて述べました。

講義場所: 川崎化成工業 2015年9月6日